離婚専門の弁護士や司法書士などに頼ろう|解決口への架け橋

弁護士

話し合いの場を設ける

離婚

離婚は離婚届を提出してそのまま離婚をすることも可能ですが、話し合いがもつれてしまうと「離婚調停」をしなければならないケースがあります。離婚調停をすることで両者平等に話し合いが出来るという利点がありますが、調停の際は発言などに注意しなければマイナス点となってしまうこともあるので、慎重に進めるようにしましょう。離婚調停はお互いの意見や気持ちなどをぶつけ合って話しをしていきます。話し合いをスムーズに進めることが出来ると離婚が可能になりますが、平行線のままだと離婚出来ない場合が高いです。離婚調停で話し合いが進まなかった時は審判離婚をする可能性も考えられます。夫婦二人だと意見を譲り合えないこともありますが、離婚調停の場合は専任の代理人がいるので話し合いを円滑に進められる考えが高いです。代理人として弁護士を付けることも可能です。弁護士がいると相手側がこちら側に不利となるような発言をしても、保守してもらえるという利点があります。

家庭によってはどちらかのDVが酷くて離婚の話し合いをすることが出来ないケースがあります。このような場合は離婚調停をしてもらった方が良いです。相手と顔を合わせて話し合いをすることがないので、不信感を取り除くことが可能だからです。離婚調停をすることで自分に不利となるようなトラブルの発生を防ぐことが出来るので、弁護士への相談が最重要でしょう。近年はすぐに家庭裁判などを起こす方がいますが、まずは調停を申請して無理なく対応出来ることから始めた方が良いです。